美容室を知らずに僕らは育った >> 美容室で失敗しない方法

美容室で失敗しない方法

美容室で髪を切ってもらったけどイメージどおりにならなかった、
という体験をしたことがある方は少なくありません。

 

髪はすぐに伸びるものではないので、
気に入らない髪形をしばらく我慢する必要があります。

 

失敗を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。
美容師に髪型を伝えるときどのように伝えていますか。
「軽めで」「かわいく」など曖昧になっていないでしょうか。

 

かわいくといわれても人によってかわいいの基準が違います。
自分にとってのかわいいと美容師がイメージするのかわいいは違うのです。

 

失敗しないためには具体的に伝えましょう。

 

ピラティスは男性にも効果があります。

 

芸能人や雑誌のモデルさんでこんな風になりたいという人がいたら、
写真や切抜きをもって美容室に行きましょう。

 

写真などで具体的な髪型がわかるとそのとおりの髪型を作りやすいです。
人それぞれ頭の形や顔が違います。

 

そのため、こんな風になりたいといった髪型にしてもらってもまったく同じにはなれません。

 

よい美容師なら、あなたに最適な髪型で芸能人と同じような印象になるようにしてくれます。
適切なアドバイスをくれる美容師にめぐり合えるとよいですね。
具体的なイメージを伝える、これが失敗しないための秘訣です。